さすらう多肉 冬の居場所

夏が

 

こんなにも暑くなる場所で

 

冬が

 

こんなにも寒くなる場所って‥

 

そうそうない。

 

そう思うと

 

なんだかワクワクしてきませんか

 

なんだか特別な場所にいるようで

 

いや、自分だけかな。

 

こんにちは。

 

 

 

大雪の日に‥

 

 

錦玉園から

 

冬型メセンの王道「神風玉(ケイリドプシス)」やってきました

 

いい具合に花があがってます(色ミックスという配慮も)

 

 

それで

 

最近

 

多肉植物売り場を移動しました

 

 

移動先は‥

 

かなり微妙な

 

 

『店内階段の踊り場』‥‥。

 

ここにたどり着くまで

 

いたる場所を転々とし‥

 

(綿毛を身にまとったベハレンシスさん‥ライトアップされるとは)

 

 

まるで

 

ベースキャンプを出立して

 

きわどい平地にテント場を求めるかのごとく

 

 

(言いすぎか‥)

 

 

そんなごく、狭小なスペースを

 

ついに確保

 

ここは天井が擦りガラスになっているので

 

やわらかい日差しが差し込む

 

まさに冬越しには適した環境

 

 

(外葉の枯れ込みなんて気にしない‥)

 

温度変化もほとんどないし‥

 

冬の特等席。

 

 

そんな多肉階段には

 

ふと眼を移すと

 

なんだか最近

 

「エスキナンサス」の姿がやたらと目立つ‥

 

これはこれで

 

綺麗だけど‥(あまりに毎回入荷するので少し欲しいかも病が出て来たり‥)

 

階段は見どころ満載。(そうそう、今セール中です。詳しくは「タマタカ」で検索!)

 

 

 

怪談話‥‥いや、違う。階段話‥から少し離れて

 

 

(色補正なんてしてませんよ‥ホントこの色)

 

店頭では

 

これ

 

タネです。

 

自然界のものとは思えない発色をした

 

観葉植物のさまざまなタネが展示してあります(旅人の木とか)

『詳しくは観葉ブログの方で‥(リンクの貼り方がわかりません‥)』

 

‥‥。

 

 

寒さが一番厳しい時期ですね

 

冒頭にも書きましたが

 

夏を思い出しても

 

一番暑い時期にはだいぶ植物も弱っていたように

 

一番寒い時期も

 

植物には堪えるもの‥

 

 

多肉に関して言うならば‥(今さらですが)

 

日中は屋外でしっかりと日光浴をさせて

 

午後3時を過ぎるころには室内に取り込みましょう

(無理であれば室内の日当たりのいい窓辺に)

 

水やりは品種にもよりますが葉水を与える程度で‥(あったかい時間に)

 

さらに

 

室内に取り込むと急激にカイガラムシによる被害も出てきます

 

葉裏までチェックし、葉水を与えるときに一緒に洗い流してしまいましょう

 

オルトランDXも予防には効果的です。

 

また

 

葉の表面に紫が出てきたら要注意です

 

凍傷のサインです。

 

夜間は窓際から離して、温度変化の少ない場所へ‥。

 

冬の間

 

室内に置いておく時間が長くなると

 

徒長し始めますが

 

これは、三月頃に仕立て直し、切り戻しをすれば

 

また綺麗な姿に戻ります(作業内容はまたその頃に)

 

 

今年の冬は

 

センぺルが入荷してきませんでした

 

なんだか噂では

 

秋口に大量に需要が有ったとか無かったとか‥

 

冬に突入した頃にはもうすでに苗が完売だったようで

 

少し寂しい今年の冬です

 

 

それではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

多肉植物 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント